ホーム -> 会社概要 -> 蘇州文化 -> 蘇州の庭園

蘇州の庭園

  蘇州の庭園は中国江蘇省蘇州庭園建築の総称、別名「蘇州古典園林」は、自家の庭園を主として、始まりは春秋時代吴国に都を定めた姑蘇時(呉王阖闾時期、紀元前514年)、形成は五代、成熟は宋代、繁栄は明清絶頂、蘇州の庭園は清末一百七十多か所、現保存の完全な60カ所が、対外開放の庭園が19か所である。1997年、蘇州の古典の庭園は中国庭園の代表として世界遺産に登録され、中華の庭園の文化の傑物と誇り。蘇州の庭園は主に滄浪亭、獅子林、拙政園、留園、網師園、怡园など。