ホーム -> 会社概要 -> 会社紹介

会社紹介

  蘇州菱富鋁業有限公司は、日本の三菱アルミニウム㈱の独資により設立された会社であります。三菱アルミグループは高難易度アルミニウム製自動車用熱交材分野について高い技術と国際的に高いシェアを持っています。現在、日本(MAC)アメリカ(TMX)タイ(MMAX)中国(CMAX)インド(IMAX)に5つの製造拠点を持ってグローバル展開を進めています。


  • 日本(MAC)
    1962年1月に設立して、静岡県裾野市富士山の麓に位置している。主に押出、板材及び箔などの各製品の生産に従事している。

  • アメリカ(TMX)
    1985年11月に設立して、アメリカのAlabama州に位置している。最初は合弁会社だったが、 2008年6月に独資会社になった。主に自動車熱交換器押出材を生産している。

  • タイ(MMAX)
    1997年6月に設立して、タイの郊外に位置している。主に自動車熱交換器押出材を生産している。

  • 中国(CMAX)
    2004年9月に設立して、中国名城の蘇州に位置している。主に自動車熱交換器押出材を生産している。

  • インド(IMAX)
    2013年9月に設立して、インドのGujarat州に位置している。主に自動車熱交換器押出材を生産している。2015年生産予定。
 

特徴:

日本の独自の高い製造技術や品質保証技術を導入し、高品質の熱交材アルミチューブを供給できる。
品質保証面では三菱アルミニウム㈱の全面支援のもと、客先へフォローできる体制となっている
世界にある5つの拠点から世界中にグローバル供給ができる

质量技术:

蘇州菱富鋁業有限公司は先進的な技術と完全に信頼性の品質管理システムを通じて、すでにISO 14001 ISO / TS 16949と品質システム取得。


  • 顕微鏡

  • 表面粗さ計

  • 蛍光X線分析装置

  • 電子天秤

  • CCD機

  • 引張試験機